メールで出来る親孝行 母の日 〜2014年5月11日〜





白内障とは、目の中の水晶体が濁る病気です。
症状が進行してしまうと手術以外に改善する手段はありません。

最後まで放置してしまうと失明という最悪の事態を招きますので、
お母さんを守るためにも知られざる白内障の3つの真実を知りましょう。




白内障は、“目の老化”が招く症状です。
主に40代から発症傾向が見られ、50代では6割、80代ではほぼ全ての人が発症します。
しかも、女性は男性の3倍発症しやすいのが特徴です。




白内障は早期発見が身を守る術となりますが、自覚症状を感じにくい病気です。

目の水晶体が黄色に濁ることで、黄色のフィルターがかかったように見える方もいます。
(*白内障の見え方には、個人差があります)

“晩年のモネの絵の変化は、白内障によって視界が黄色く変化したからだ”
と、言われています。




黄色の文字が見えにくくなる症状は、徐々に進行するため
その変化に気付くことは困難です。

白内障から守るためにもお母さんの目の違和感には、あなたが気付いてあげましょう。

そのために、あなたがすることはただ一つです。





感謝の言葉と共に、マジック動画をお母さんに送りましょう。
下記の方法を参考にして、母の日にマジック動画を届けてください。







<「今晩電話して」という、黄色のメッセージが読めた場合>
今晩、あなたにお母さんから電話が掛かってくることでしょう。




<「今晩電話して」という、黄色のメッセージが読めなかった場合>
白内障によって、お母さんの視界が黄色く変化している疑いがあります。
当日、お母さんから電話が掛かってこなかったら、翌日あなたから電話をしましょう。

どちらの場合も、電話で直接
感謝の言葉を伝えると共に、目の健康について話をしてみましょう。

またこれを機に、お近くの眼科での定期健診を
親子の恒例行事にしてみませんか?


母の日にお母さんが喜ぶのは、あなたの声を直接きくこと。
お母さんの健康を気付かう電話であれば、この上ない親孝行になるでしょう。

*この映像は、白内障の有無を判断する絶対的なテストではありません。











Copyright (C) メールで出来る親孝行 All Rights Reserved.